キャッシングの保証人は必要?借り入れの手続きに見られる問題

借り入れをする際の「連帯保証人」

ローンを利用してお金を借りたい、まとまったお金を借りたい、という場合の金融サービスでは手続きの際に「保証人」を付けることが多く見られています。ここでいう保証人は「連帯保証人」と呼ばれるもので、お金を借りたサービスの契約者が何らかの理由によって返済をすることが出来なくなってしまった場合に、返済を肩代わりする立場のことを指しています。皆さんが連帯保証人になった場合を例に取ってみて見ましょう。
皆さんはローンを契約したAさんの連帯保証人として手続きを行ったとします。ローンを契約したAさんがしっかりと返済することが出来ていれば皆さんには特に大きな影響は現れませんが、返済することが出来なくなるなどの問題が現れた際には連帯保証人となった皆さんが代わりに返済金額を支払うことになります。連帯保証人は借り入れの負担を一緒に背負っている立場ですので、決して安易な気持ちやその場の勢いで保証人になるようなことはやめておきましょう。

キャッシングの手続きにも保証人は必要?

このような連帯保証人は金融サービスには付きものだと考えている皆さんも多いかと思いますが、消費者金融などのキャッシングサービスにおいては基本的に保証人無しで借り入れすることが出来るようになっています。キャッシングサービスの借り入れには保証人をつける必要がないだけではなく、無担保で借り入れ出来るという特徴も見られます。つまり、キャッシングを利用する際には誰かに保証人を頼むことや担保を準備しておく必要が一切ないというわけです。
利用者にとっては非常に使いやすいサービスとなっていますが、その分だけ借り入れの責任は皆さん自身に重く降り掛かってくることになるので注意しておきましょう。保証人がいないということは、返済の義務があるのは契約者である皆さんのみとなります。キャッシングを通して借りたお金は全て皆さんの力で返済していかなければならないので、保証人がつかないサービスを利用する場合は自分自身で責任を負うことになる、ということをよく理解しておくようにしましょう。

キャッシング契約手続きの注意

また、近年のキャッシングサービスは申込みの手続きなどが全てインターネットで行えるようになってきているため、契約手続きに関しては非常に簡素化されてきている、という特徴も知っておくと良いでしょう。キャッシングの申込みというと、従来はキャッシング会社の店頭で行うことが一般的でしたが、インターネットが活用出来るようになった昨今は自宅にいても職場にいても申込みが行えるようになっているのです。
キャッシングの契約をしたい場合は時間も場所も皆さん自身の都合で決めることが出来るので、手続きに関しては以前に比べてとても楽になりました。しかし、簡単に手続きが出来てしまうという特徴には問題点も見られます。キャッシングサービスは決して安易な気持ちで利用してはいけないものですし、すぐに契約が出来てしまうと計画性のない借り入れをしてしまう恐れもあります。
キャッシングは計画的に利用することで正しい借り入れが出来るようになるサービスですから、どんなに簡単に契約が出来るといっても計画性だけは見失わないように注意しておきましょう。インターネットでキャッシングの申込みを行う際には、本当に借り入れをするべきか十分に考えてから利用を決めるようにしてください。冷静な判断が出来なくなると、キャッシングトラブルが発生してしまう恐れもあるものです。お金が借りたい!というその場の思いつきで契約することだけは避けておきましょう。

閉じる